So-net無料ブログ作成

花乃まりあ 実家 [花乃まりあさんの話題]

スポンサードリンク




<悲しいこのキーワードの検索結果>

このキーワードで検索している人が探しているコンテンツはどうやら96期のいじめに関することのようです。

いじめられているとして裁判を起こした宝塚音楽学校96期のSさんに

「実家に帰って戻ってくるな。」

といったとか言わないとか。

その話題の時にいじめに加担した人物の一人として花乃まりあさんが出てくるからなのかなと。。。

検索結果を見たらそういう話ばっかりでした。


なんか見ていたら悲しくなったからその話題はここでは書きません。

私は彼女の見た目と光り輝く存在感が好きだから。


<宝塚音楽学校に入るのは大変です>

宝塚を目指していた娘さんたち、何人か知ってます。

彼女たちは音楽学校に入れてもらえず、それぞれ別々の道を目指しています。

見た目も人並み以上に綺麗で、演劇や歌の才能もあったと思うんだけど。


でも、そういう子たちばかりの争いの中から選ばれた子たちだけが入学できるんです。

だから、入れなかった子たちは、少なくともその時には実力が足りなかったんだなと思います。


でも、入るために彼女たちが積み上げていた努力は半端ないものです。

本人の時間も、そして親たちのお金もかかっています。

名のある先生たちにそれぞれ音楽とダンスとバレエとを教えてもらわないことには、合格の見込みうすです。

生まれつきにかなりの華のある人以外では、なかなか入学レベルにたどり着けないんですよね。


<実家の援護射撃で光り輝く>

華があるかどうかって、劇団に入ってからもわかりますよね。

おなじ学年の子たちでも、学生の時の画像とかを見ると大差がないように見えるのに、ステージに立つと、華があって目を引き付ける人はどんどんひきつけてくれます。

残念ながら、そうでない、可愛いし上手なんだけど、華がない、って子と差がついてくんだよね。


花乃まりあさんは、明らかに前者だと思うんですよね。

そういう、もともとの天性の華のある子が実家の協力を得て努力して学校に入ってくると、もう、ほかの子たちは厳しいんですよね。

ヒロインとして光り輝くのは。


だから、花乃まりあさんの今があるのは実家の協力があったから

これは間違いないです。

両親からもらった姿かたちというのが一番の力かもだけど(笑)、それ以外にもたくさんの援護射撃を受けているまりあちゃん。


素直に、これからの娘役の大型新人の彼女を見つめて、応援していきたいと思うのです。




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。